法要の引き物は、伊勢丹にお任せください。法要の引き物に最適な商品をお選びいただける、<伊勢丹ご返礼品カタログ>を全国にお届けいたします。

カタログお申込み店頭で商談FAXでお手配メールでお手配スタッフご挨拶
今月のおすすめデジタルカタログ高額ギフトセレクトギフトQ&A

HOMEへ


Q&A

Q法要の引き物とは?
A供養のあとで、お招きした方々に差し上げる手土産を 「 引き物 」 と呼びます。
法要の引き物には、食べてしまってなくなる物や消耗品 ・ 日常の実用品がよいでしょう。
特に日持ちがしてかさばらず、軽くて小さい物が好適品といえます。心からの御礼の気持ちと感謝の意を込めて送りましょう。





Q四十九日の忌明け法要とはどんなこと?
A「 忌明け法要=七七日忌 」 この日の審判で故人の霊が “ 極楽浄土 ” へ行けるかどうか決定されるといわれていて、
初七日同様、たいへん重要な日となっています。
一般的にはこの “ 七七日忌 ” を忌明けとして、近親者を招き、僧侶を迎えて法要をしますが、 “ 追善供養 ” ともよんでいます。
亡くなった当日から数えて七日ごとに、初七日、二七日 ( ふたなのか ) 、 三七日( みなのか ) として営まれる法事を
“ 中陰法要 ” ともよんでいますが、もっとも遅い七回目の四十九日を “ 満中陰法要 ” ともよんでいます。
なお、法要の日は遺族や親族、親戚、お寺の都合に合わせて、繰り上げ法要としての “ 五七日忌法要 ” または
“ 七七日忌法要 ” を営むのが通例となっています。具体的には、土曜日か日曜日が多く、本来の日よりも早めに行ないます。
このことは “ 慶事は引き延ばしても、弔事は繰り上げる ” という昔からの言い伝えからのようです。
このように三十五日または四十九日を忌明け法要として大がかりに行なうことが多く、合わせて納骨式もこの日に行なうことが
多いようです。

※ 七日ごとの供養とは別に、月ごとにめぐってくる命日 ( 月忌 ( がっき  )ともいう ) に、家族で仏壇に礼拝する “ 月忌法要 ” をする家庭もあります。






Q年忌法要は何年ごとにするのが正式?
A一周忌以降は、亡くなった年も入れて数えるので、満二年で “ 三回忌 ” となります。
その後は、 “ 七回忌 ” “ 十三回忌 ” までは欠かせない年忌法要だといわれます。
それ以降は、 “ 十七回忌 ” “ 二十三回忌 ” “ 二十七回忌 ” “ 三十三回忌 ” と続き、一般にはこの三十三回忌で
供養を終えることが多いようです。
三十三回忌をもって、完全に成仏したと考えられ、 「 弔い上げ ( とむらいあげ ) 」 ともいわれます。
五十回忌、百回忌などもありますが、これは仏教諸派で、宗祖や中興 ( ちゅうこう ) の祖などに対して、五十回忌以降、
五十年ごとに遺徳を追慕する報恩の法会で 「 遠忌 ( おんき ) 」 と呼びます。





Qお店には遠くて行けませんが、手配をお願いできますか?
A日本全国のお客さまに以下の方法で対応をさせていただいております。
1) カタログなどを郵送いたします。必要事項をご記入いただいたお申込書をご返送ください。
担当スタッフがお電話などでお客さまとご連絡を取りまして、お手配を進めさせていただきます。
2) お申込書 ( 専用エクセル ) に必要事項をご入力の上、送信フォームより送信してください。
担当スタッフがお電話などでお客さまとご連絡を取りまして、お手配を進めさせていただきます。
3) FAXお申込書に必要事項をご記入の上、FAX送信してください。
担当スタッフがお電話などでお客さまとご連絡を取りまして、お手配を進めさせていただきます。
4) 首都圏の訪問対応エリアの場合は、ご希望に応じて担当スタッフがご自宅に訪問して手配を承ります。
お申し込みは、ギフト受付専用ダイヤルにお電話をいただくか、カタログお申込みフォームの
< 専門スタッフ訪問サポート > より受付いたします。





Qカタログギフトはありますか?
A厳選されたブランド商品を中心に、ギフト商品を豊富に掲載いたしました < セレクトギフト > をご用意しております。
ご予算に応じてお選びいただけます。詳細は、こちらをご覧ください。





Qお支払いはどのようにすればよいですか?
A原則として、お支払いはMIカードもしくはアイカードにてお願いをしております。
( 商品券など、現金でお支払いいただくものもございます。 )  また、他社クレジットカードや現金でのお支払いも承ります。


伊勢丹のお香典返し。法要の引き物は、伊勢丹にお任せください。法要の引き物に最適な商品をお選びいただける、<伊勢丹ご返礼品カタログ>を全国にお届けいたします。



Supported by 葬儀ベストネット